2062年から来た未来人の予言なるものがネットで話題になっている。予言内容があまりにもリアルすぎるということで一部ではかなり盛り上がってもいるらしい。

気になったのは、その中に「中国はもう存在していない。アジアの大半がインドになっている」という予言のあることだ。というのも、じつは私自身、それとそっくり同じ予言を昔ある人から聞いたことがあるからだ。

といってもまた聞きのまた聞きでしかないので、あらかじめご承知おき願いたい。

元ネタは戦時中、中国の道教寺院で修行していた日本人の体験談だ。その日本人が終戦後も中国に留まって修行を続けたいと願い出たところ、その師でもあった偉い人から「日本に帰りなさい。中国に未来はない。21世紀は日本とインドの時代になるだろう」と予言されたというのである。

近年のインドのめざましい発展ぶり、そしてそれと対照的にますます混迷の度を深める最近の中国の姿を見るにつけ、あるいはもしかしてもしかしたら、という気にもなってしまうのだが、はたしてどうなのであろうか。まあ個人的にはぜひともそうなってほしいので、ここは期待しながら高みの見物を決め込んでおこうと思う。

 

[ad#rakuten3]

 

スポンサー
スポンサー
詭弁と火病の民 論理的な議論ができない韓国人 あの戦争を引き起こしたのはアメリカです。アメリカ人として日本人に謝罪します。

捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→

0

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!