戦時中の日本軍の行為をもって、あの戦争が間違っていたとか、正しかったとかを議論している人たちがいる。不毛な議論である。それではまるで優しい戦争と厳しい戦争があるかのようだ。その論法でいえば、仮に日本軍による戦争犯罪がなかったなら、それは「優しい戦争であり、それほど非難すべき戦争ではなかった」という結論になるわけだが‥。

起こってしまったその結果ばかりをあげつらってもはじまるまい。いま問われるべきは、なぜあのような戦争が起こったのか、その原因であって結果ではないはずだ。

もちろん、結果がどうだったのかを反省することは必要だろう。だが、そうであればなぜそのような結果になったのか、きちんと原因までさかのぼって究明しなければならないはずだ。そうしてはじめて同じような過ちを繰り返すことがないよう後世への鑑とできるからだ。

こうした態度は建設的かつ科学的な議論における基本的な姿勢であろう。だが、どうやら少なからぬ人がその基本すら心得ていないようだ。他のことであれば冷静な議論ができるはずの日本人が、あの戦争に関してだけはどういうわけか冷静な議論ができないというのも考えてみれば妙な話である。これもGHQによる洗脳の成果なのだろうか?

スポンサー
スポンサー
詭弁と火病の民 論理的な議論ができない韓国人 あの戦争を引き起こしたのはアメリカです。アメリカ人として日本人に謝罪します。

捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→

0

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!