この記事は保存版として姉妹サイトの「歴史ニンシキガー速報」から転載したものです。

南京虐殺は中国軍の蛮行のミラーイメージだ!

日本軍による南京虐殺など真っ赤な嘘です。それどころか、一般の中国人に対して蛮行を働いていたのはむしろ中国軍の方でした。

南京事件の前後、中国軍はいったい何をしていたのでしょうか? じつは彼らこそが掠奪、殺人、強姦を含む非道な残虐行為を働いていたのです。

いまの中国人が非難しているのは現実の日本軍ではありません。そこに映し出された自国軍のミラーイメージです。じつのところ、中国人たちは鏡に映し出された自分たち自身の姿に怒りをぶつけているだけなのです。

そのミラーイメージのもとになった中国軍のおぞましい行状を、左翼勢力によって長い間隠蔽されてきたその歴史の裏側を5回にわたるシリーズで白日の下にさらします。

第一回 漢奸狩り
第二回 支那軍の実態
第三回 督戦隊による残虐行為 
第四回 安全区内での中国兵による犯罪 
第五回 通州事件 ←今ココ

「南京事件」の前後、中国軍が行っていた悪行のまとめ その五、通州事件

本日7月29日は、ちょうど80年前の今日、日中戦争を不可避にしたといわれる通州事件が発生した日です。

通州事件とは?

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年7月29日に中国の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊に所属する中国人部隊が日本軍守備隊および特務機関を襲撃し、同時に在留日本人223名を惨殺した事件です。その殺害方法がきわめてむごたらしく猟奇的だったことから日本人の対中感情の悪化がピークに達し、国内世論も「支那討つべし!」の一色に塗りつぶされたと伝えられています。盧溝橋事件後に発生した中国側による度重なる挑発事件と相まって日中戦争を不可避にさせた事件といわれています。

駆けつけた日本軍救援部隊

新聞記事

東京日日新聞
「通州で邦人避難民三百名殆ど虐殺さる/半島邦人二百名も気遣はる」
「通州の事態 憂慮消えず」「惨たる通州叛乱の真相 鬼畜も及ばぬ残虐極まる暴行」

検閲回避のためお手数ですが、続きはこちらでご覧ください→

 

詭弁と火病の民 論理的な議論ができない韓国人 あの戦争を引き起こしたのはアメリカです。アメリカ人として日本人に謝罪します。

捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→

0

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!