真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

『暗黒大陸中国の真実』アメリカを反日に駆り立てたのは宣教師の偏見だった

   

o-den-1

20世紀初頭の中国の裏側をアメリカ人の目から赤裸々に描いた『暗黒大陸中国の真実』(ラルフ・タウンゼント:芙蓉書房出版/2004)という本の中に、興味深いくだりがある。国民党の迫害によって国外退去させられながらも中国人に肩入れすることをやめない外国人宣教師たちを皮肉った一節である。

「1927年から28年、中国領土にいた八千人に上る外国人宣教師のうち五千人が退去させられている。どこへ退去したのか。日本である。しかし日本に避難したものの、日本人が好きになれない」(170P)。

なぜ日本人が好きになれないのか。著者はこう続ける。

 

「可哀想な人間がいないからである。アメリカ人とは不思議なもので、可哀想だと思えない相手は好きになれない人種である。宣教師は特にこの傾向が強い。可哀想な人間を見ると、我が身の危険をも顧みず、救ってあげようという殉教精神が湧き上がるのである。だから中国人は全く有り難い存在なのだ。ところが日本は、ドイツに似て、規律正しく、町は清潔で落ち着いている。これでは宣教師の出る幕がない。だから宣教師に好かれないのである」(同上)。

 

当時、なぜアメリカがあれほど日本を憎み、中国に肩入れしたのか。その答えのヒントがここにある。

 

中国人は貧しく、可哀想な人たちであり、その中国人を日本人はいじめている。われわれ正義を愛するアメリカ人は日本人をやっつけ、中国人を助けなければならないー。アメリカの町々で宣教師が日曜礼拝の度に、そう繰り返し説教したならばどうなるだろうか。もともと宗教心にあついアメリカ人のことである。多くの人は疑うことなく真に受けたであろうし、なかには十字軍にも似た強い宗教的使命感にかられる者が出てきてもおかしくはなかっただろう。

スポンサードアド

スポンサードアド

 

その結果、どうなったか。日本を倒して中国を救え、という信者たちの声が国中に響き渡り、やがてアメリカ全体がそうした反日ムード一色に染め上げられたのである。

 

これを裏づけるように、満州事変の際に日本を一方的に悪玉と決めつけるアメリカのマスコミを著者はこういって非難する。
「アメリカ人の情報源は宣教師である。中国には大勢いるが、日本にはごくわずかしかいない。したがって、日本の情報はほとんど入らず、入る情報はほとんどが中国情報である。したがって、世論は『日本が殺人狂と化した』となる」(265P)。

 

ちなみに著者によれば、満州事変の際、宣教師以外の中国在住外国人の多くは日本側に同情的だったという。
「中国人は今回、相手を間違えた。この数年、米英に対してはやりたい放題だったが、同じ手を日本に使ったのが間違いだった。日本人は手強いよ。自ら撒いた種だ。我々が何年もやるべきだと言っていたことを日本がやってくれた」(262P)。

 

もちろん、政府の上層部は現実の中国がどんな国でどんな状況にあったのか、十分調査済みであっただろう。だからアメリカ政府がそのような真実とはほど遠い世論のみをきっかけに反日政策に舵を切ったと断言することはできない。しかし少なくとも、すでに反日の方向に進んでいた当時のアメリカ政府にしてみれば、そうした反日的な世論の盛り上がりはむしろ追い風と映ったであろう。

 

宣教師特有の奇妙な性癖が生んだこうした的外れな反日感情の陰で、当時の政府高官たちがほくそ笑んでいる顔が目に浮かぶようである。

 

これをプロパガンダと呼ぶべきかどうかはわからない。だが、大衆がつねに騙されやすく、政府がそれをうまい具合に利用する、という構図はいつの時代も変わらないようだ。

 

 

スポンサードアド

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!

 - 中国, 反日, 自虐史観 , , , ,