新・真相はかうだ!

真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

アジアを裏切り、白人側についた中国

time 2016/12/13

アジアを裏切り、白人側についた中国

kouhon

19世紀、アジアを植民地化するべく餓狼のごとき牙を剥いて一斉に押し寄せた西洋列強ーー。その野蛮きわまりないどん欲な支配から最終的にアジア諸国を解放したのは日本だった。だが、本来であれば、それは中国が担うべき役割であったろう。なぜなら当時の中国はその国力や国際政治への影響力からいって名実共にアジアのリーダー格であったからだ。リーダーがリーダーであるためには当然それに従うものを守る義務がある。尊貴なるがゆえの義務ーいわゆるノブレスオブリージュというやつである。

ところが、アヘン戦争にはじまる多くの侵略戦争に敗れた中国は早々と列強に膝を屈したばかりか、敵であるはずの列強に取り入り、その下僕となる道を選んでしまった。それを象徴するのが、当時東南アジアに住んでいた華僑商人たちだ。彼らはオランダ、イギリス、フランスといった欧米宗主国の毒牙から現地の人々を守るどころか、その代理人として彼らを搾取し、弾圧したのである。

裏切り者となったのは民間人ばかりではない。中国政府も同様だ。なかでもそれを象徴的に示しているのが、戦後、中華民国が国連の常任理事国になったという事実である。戦時中、中華民国は戦況において何ら積極的な貢献をしなかったどころか連合国の援助なしに生き延びる事すらおぼつかなかったのが実情である。そんな中華民国が、しかも非白人国家で唯一戦勝国の主要メンバーとして、国連の常任理事国入りを果たしたというのはどう考えても破格にすぎる待遇だ。おそらくそれは白人への忠誠、すなわちアジア人への裏切りに対して列強が中国に与えた報酬でもあったのだろう。

日本は帝国主義列強の一員としてアジアを侵略したと、中国はことあるごとに非難するが、しかし、実際には中国の方がすでに帝国主義列強の一員となっていたのである。いや正確には一員ではなく、たんなる手先でしかなかったのだが…。

そして表向きは可愛そうないじめられっ子を演じながら、その裏では欧米の忠実な下僕としてそのアジア侵略の片棒を嬉々としてかついでいたのである。戦後、中国が日本を残虐な帝国主義者として繰り返し大声で非難し続けるのは、そうしたうしろめたい過去が白日の下にさらされることへの恐怖も手伝っているのであろう。

こうした中国の行動をもっとわかりやすくすれば、村のリーダーであるにも関わらず押し入ってきた山賊と戦うどころか、逆に山賊の手先となって村人を弾圧する側に回った裏切り者にもたとえられるだろう。

先にも言ったようにリーダーがリーダーたる資格をもつのは、その仲間のために自己犠牲をも厭わない態度である。それがノブレスオブリージュの精神のはずだ。にもかかわらず中国は西洋諸国のアジア侵攻に対して仲間を守るどころか卑劣にも敵の手先となり、かえってそれを弾圧する側に回ってしまったのである。

その時点で中国はアジアのリーダーとしての資格を失ってしまったのである。そのことを、中国人はまず自覚すべきであろう。 中国では民族の裏切り者を「漢奸」と呼んで非難するが、その実アジア人にとっては中国そのものがアジア人に対する裏切り者ー漢奸なのである。

日本がロシアの満州侵略に対し絶望的な戦いを挑んでいた時、中国はいったい何をしていたのか。終戦後、インドネシアを再占領しようとしたオランダ軍に対し、帰国命令を無視して現地に残留した多くの日本人兵士がインドネシア人とともに独立戦争を戦っていた時、中国人はいったい何をしていたのか。

さらに大戦後、中華民国から領土を不法に簒奪した中華人民共和国についてはなにをかいわんやである。彼らは、もともと西洋列強の主要メンバーであり後にソ連という名で共産主義へ看板をすげかえたもののその他国への侵略性において本質的に何も変わらないロシアという泥棒国家の後押しのもと、解放と称して多くの中国人民と周辺国を共産主義の圧政の下に置き変えただけの山賊集団にすぎない。

そのような山賊集団に中国全土を支配する政権としての正統性などもちえないことは暴力と粛清で血塗られたその暗黒の歴史をみてもあきらかだろう。 要するに中国というのは、西洋列強の植民地支配の下であえいでいたアジア人にとっては許しがたい裏切り者であり、「日本に侵略されて可愛そうな中国」を装う偽善者であり、また卑怯かつ自分勝手で黒を白と言いくるめることだけに長けた小賢しい山賊あがりの残虐な暴力集団でしかないのである。

中国人は、まずそうした自らの暗黒の歴史を真摯に受け入れるべきだ。もちろん、生まれてこのかた共産党独裁下の洗脳教育を受けてきた大陸中国人にしてみれば、それはたしかに苦痛をともなうものであろう。とりわけ責任をすべて外国になすりつけ盲目的に愛国を主張したかつての義和団の再来のような、偏狭で無知蒙昧な現代の憤青たちにとってはほとんど不可能に近いことかもしれない。

しかし光復会や華興会、そして同盟会に参集したかつてのエリートたちのように柔軟な知性と世界的な視野をもつ賢明な中国人であれば、それはけして不可能ではないはずだ。必要なのは現実を受け入れる誠実さとほんのすこしの勇気だけなのだから。

少なくとも中国だけが善で日本だけが悪だったとする独善的な「中華思想的近代史観」から脱却しみずからの恥ずべき歴史を真摯に反省しないかぎり、仮にいくら経済的に豊かになったとしても、またいくら巨大な軍事力をもったとしても、それだけでは中国が真のリーダーとしてアジアの人々に受け入れられることはけっしてないだろう。

sponsored ads

スポンサー

facebookページ

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってくださいね)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://propagandawar.info/feed/です。

新・真相はかうだ!ツイッターでもつぶやいてます

プロフィール

こうみえても昔はどっぷりと左翼史観にはまっていた元お花畑です。自戒も込め、将来を担う世代が再びだまされないよう非力ながら自虐史観の嘘を暴いていきたいと思います。 なおこのサイトはリンクフリーです。またできましたらシェアしていただけるとなお嬉しいです。 時々YOUTUBEの関連動画で特亜を相手に議論を繰り広げています。 このサイトは歴史ニンシキガー速報」の姉妹サイトです。

カテゴリー



スポンサード広告

ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実

新品価格
¥1,620から
(2015/9/2 06:16時点)

スポンサー