真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

*

慰安婦問題で朝日新聞が敗北を宣言

   

0c2a7129

朝日新聞がついに敗北を宣言した。『慰安婦問題を考える』という8月5日と6日付の特集記事で、自らの誤りを朝日新聞側が認めたのだ。もっとも紙面では、過去の記事にいくつか誤りがあったということを認めただけで、ねつ造記事を書いたことに対する謝罪もなければ、もちろん敗北したなどとも書いていない。しかし、記事を読むかぎり朝日新聞が自らの主張の根拠となるものをほとんど失ったこと、つまり、問題となっている慰安婦論争において朝日新聞側が事実上全面敗北したことはもはや誰がみても明らかであろう。

 

 

それにしても姑息なのは、最後に三人の論者を登場させて総括させているところである。最初の秦郁彦氏は意外にというべきか、かなり強く朝日新聞を非難しているが、これはまあ客観性を装うためのいわばお飾りなのであろうからこれについてはとくにいうことはない。

問題はあとの二人である。まず吉見義明だが、言っていることがほとんど意味不明である。しかし自分ではどうやら論理的な反論を加えているつもりらしい。
なかでも笑ったのは、「証言が虚偽でもこの問題に与える影響はない」というくだりだ。はて、強制連行の証拠が他に出てこない以上、最大の論点はこの証言の信憑性にあるはずなのだが…。明らかに鹿は鹿だと証明されているのに、いまだに鹿を馬だと言い張る「馬鹿」。いったいどこまでしらを切るつもりなのか、あきれかえるばかりだが、こういうのを曲学阿世の徒というのだろう。いやこの場合、曲学阿中(国)といった方が正解か…。

スポンサードアド

さらに最後に登場した小熊英二なる人物に至っては、なんの冗談かと思うほどのお花畑ぶりだ。小熊はいう。「慰安婦問題の解決には、まずガラパゴス的な弁明はあきらめ、前述した変化を踏まえることだ」。何をいわんとしているのか、引用部分だけではわかりにくいかもしれないが、要は、日本が性奴隷を利用したことは、世界の常識になっているのだから、それに対する反論(弁明)はあきらめてしまえ、そしてその現実を受け入れた上で、前進すべきだといいたいらしい。

スポンサードアド

小熊のお花畑論はさらに加速する。「例えば日本・韓国・中国・米国の首脳が一緒に南京、パールハーバー、広島、ナヌムの家(ソウル郊外にある元慰安婦が共同で暮らす施設)を訪れる。そして、それぞれの生存者の前で、悲劇を繰り返さないことを宣言する」ことを解決策として小熊は提案する。どうやらそうすれば、世界中がみな日本を許し、シャンシャンと手打ちにしてくれるといいたいらしい。

この先生、いちおう慶応大学の教授らしいが、いったい何を専攻していらっしゃるのだろうか。国際政治の現実からかけはなれた幼稚きまわりない提言とその風貌からして、せいぜいアキバオタクの評論の方がお似合いのような気がするのだが…。

それにしても、こんな馬鹿どもが学者を名乗っているのだから、世も末である。そしてまたこのような馬鹿を最後に連れてきて読者を煙に巻こうという朝日新聞の姑息さがなんともいじましく、同じ日本人としてなさけないかぎりである。

こうした姑息な態度を表現するのに、往生際が悪いという素晴らしい日本語があるのだが、ここではそれすら使うのがもったいないような、まれにみるーー歴史的なといっていいほどのーー醜態ぶりをさらしていることに、当の朝日新聞がいまもって気づいていないところがまたなんともあわれである。

http://www.asahi.com/topics/ianfumondaiwokangaeru/?iref=comtop_pickup_s_04

 

 

スポンサードアド

 - 反日, 自虐史観 , ,