新・真相はかうだ!

真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

権力の亡者・毛沢東は、共産党と国民党をはかりにかけていた

time 2016/12/29

広告

mao_syutoku

1920年代、共産党から追われた毛沢東は、国民党に活路を見出した。落剥中の毛沢東を拾い上げ、国民党中央宣伝部長代理に任命したのは、当時の国民党主席汪兆銘だった。「毛沢東の出世に汪精衛が少なからぬ役割を果たしたことは、汪精衛が一九四〇年代に日本の傀儡政権の首班だった事実もあり、北京政府が厳重に隠蔽している」(ユン・チアン『マオ』)

広告

「ちっぽけな中国共産党に将来性があるとは考えていなかったし、共産主義が広く人々の支持を集めるとも考えていなかった」(ユン・チアン『マオ』)現実主義の毛沢東は、上海の共産党中央を追われた後、広州の国民党中央部に近づいた。そこで再び権力の階段を昇るためである。

要するに、毛沢東にとって最大の目的は権力の座に就くことであり、そのための手段としては共産主義でも三民主義でもどちらでもかまわなかったのであろう。

 

広告

0
スポンサー

facebookページ

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってくださいね)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://propagandawar.info/feed/です。

新・真相はかうだ!ツイッターでもつぶやいてます

プロフィール

こうみえても昔はどっぷりと左翼史観にはまっていた元お花畑です。自戒も込め、将来を担う世代が再びだまされないよう非力ながら自虐史観の嘘を暴いていきたいと思います。 なおこのサイトはリンクフリーです。またできましたらシェアしていただけるとなお嬉しいです。 時々YOUTUBEの関連動画で特亜を相手に議論を繰り広げています。 このサイトは歴史ニンシキガー速報」の姉妹サイトです。

Links

カテゴリー



スポンサード広告

ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実

新品価格
¥1,620から
(2015/9/2 06:16時点)