真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

決定的証拠はこれだ!南京維新政府の存在が証明する南京虐殺の嘘

   

スポンサードアド
中華民国維新政府

中華民国維新政府

まあせっかくなので「南京虐殺記念館」なるものをストリートビューで一度見てみましょう→

中国共産党政府の主張するいわゆる南京虐殺が、歴史的事実を無視したプロパガンダであることはいまや多くの日本人の知るところとなっている。

念のために言っておくが、これは殺人などの暴力行為がひとつもなかったという意味ではない。戦争であるからには、一定の残虐行為があったことは否定できないだろう。だが、すくなくとも中国側が主張するような「30万人以上の」かつ「無辜の市民に対する」かつ「無差別な」虐殺などなかったことは現在の研究者の間では確定した結論だといってよい。

しかしながら、海外ではこの南京大虐殺という嘘がいまだにまかり通っているのが現実である。では、それに対して、われわれはいったいどのような論拠をもって反論したらよいのだろうか。筆者がおすすめしたいのは、南京維新政府の存在である。

南京維新政府というのは、1938年3月28日に現地の中支那派遣軍が南京に樹立した傀儡政府である。ここで、注目したいのは、それが樹立された日付である。そう、なんとこの政府はいわゆる「南京虐殺」のわずか2ヶ月後につくられたのだ。

梁鴻志

ここで当然の疑問が生じる。「30万人以上の」「一般市民に対する」「無差別な」、さらに最近の中国側の論調でいえば「人類史上類をみない残虐きわまりない大規模なホロコースト」がつい2ヶ月前に発生した死の町で、なにゆえ行政機関などを樹立する必要があったのか。

 

南京市民と日本軍

そもそも「人類史上類をみない残虐きわまりない大規模なホロコースト」の後で、いったい何人の中国人が生き残っていたのか。仮に相当数の市民が生き残っていたとして、かれらはなぜ逃げようとしなかったのか。

ついこないだまで日本軍はその市民にたいして、通常の戦闘行為を逸脱した理由なき、つまり「無差別な」虐殺をおこなっていたのではないのか。

「無差別」というのは、次に誰が殺されるか誰にも予測できないという意味である。なんらかの理由があって殺されたのであれば、住民もまだ理解できただろうし、対処のしようもあっただろう。しかし、そこで起こったのは理由なき「無差別」殺人だったはずだ。

しかも、そのおぞましい殺戮を行った日本軍兵士たちがいまも目の前で大手を振って歩いているのだ。

にもかかわらずなぜ中国人市民は逃げ出すこともせず、「残虐きわまりない鬼畜のような」日本人兵士とともに住み続けることをあえて選んだのか。

スポンサードアド

南京の中国人

当時の中国人市民はみな城内に隔離され、脱出できなかったとでもいうのだろうか。

もしそのような事実があったのなら、なんらかの文書なり証言なりが残っているはずである。だが、筆者は寡聞にしてそのような話はいままで聞いたことがない。

(筆者注:2月24日まで治安維持の観点から城内外の出入りは制限されていたらしい。しかし2月25日以降は自由な出入りができるようになった。

 

それとも日本軍が二度と虐殺をしないと市民に約束でもしたのだろうか。

これに対しても、そのような話をいまだ聞いたことがないし、仮にそうだったとしても、誰がそんな約束を信じるというのだろうか。わずか2ヶ月前に自分らの家族友人たちを残酷に殺戮した日本軍の言葉を信じるほど当時の中国人はおひとよしだったのだろうか。

日本兵

このようにちょっと考えただけでも多くの矛盾がでてくる。ということは、この南京維新政府の存在自体が「南京大虐殺」に対する反証になりうるはずだ。つまりはこの南京維新政府が存在したという歴史的事実そのものが「南京大虐殺」が嘘であることを証明する有力なアリバイになりうるということである。

もちろん、「30万人ではないにしろ多少なりとも虐殺行為はあったとする」いわゆる中間派の主張に対しては、これだけでは不十分かもしれない。しかし、すくなくとも「30万人以上の」かつ「無辜の市民に対する」かつ「無差別な」虐殺があったとする現在の中国共産党による歴史捏造・プロパガンダに対しては、これは十分すぎる反証となるはずだ。

そうなると残るのは、無辜の市民に対する虐殺があったのか、なかったのか、もしあったとしたならその規模はどのくらいのものだったのかという問題だが、これについては、こうした政治的なプロパガンダを排した後で、世界中の学者たちを集めて客観的な調査をおこなえばよいだけの話である。

日本側はとうの昔から客観的な調査に応じる準備はできている。できていないのは中国側の方である。なぜできていないのか? プロパガンダの効力がなくなっては困るからである。

なぜ困るのか? テロと暴力で政権を奪い取った中国共産党政府にとって南京虐殺はその正統性を裏付ける上で必要不可欠な「建国神話」だからである。こうしてみても南京虐殺は中国政府にとって歴史的事実とは無関係な「神話」にすぎず、「政治的プロパガンダ」以外の何ものでもないことがわかるだろう。

P.S.

最近、日本軍の南京入城直後の1938年元旦に「南京自治政府委員会」が樹立されたという事実があきらかにされた。虐殺論者への反論の際は、こちらもあわせて提示してやればなおいっそう効果覿面であろう。

 

 

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

スポンサードアド

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!

¥
Personal Info

Donation Total: ¥300

 - 反日, 自虐史観 , , , , ,