真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

みな日本のせいだ。韓国の歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(前編)

   

Z

マンガ ものがたり韓国史〈3〉植民地時代から現代まで

新品価格
¥1,620から
(2015/9/7 20:11時点)

 

歴史マンガで分析する韓国人の思考パターン

韓国人がなぜあれほど執拗に日本を非難するのか、またなぜあれほど身勝手な理屈をぶつけてくるのか、疑問に思ったことはありませんか。

その疑問を解く上でヒントとなりそうな本を発見しました。

スポンサードアド

『マンガものがたり韓国史3』(国書刊行会)です。

これは韓国で発行された学習漫画を日本語に翻訳したものですが、ここには日本の植民地時代に対する韓国人の一般的な歴史観とともに、そうした歴史観を育んだ独特の思考パターンが漫画ならではの誇張表現のなかに率直に描かれています。

そのため、これを読めば、韓国人がなぜあれほど日本を非難するのか、その理由と特徴的な思考パターンがみえてきます。

というわけで、その中から韓国人の特徴的な思考パターンを示している部分をこれから何回かに分けてご紹介したいと思います。

まずは1931年に発生し、満州事変の遠因になったともいわれる万宝山事件のくだりから。

1

話は、日本がやみくもに満洲を占領しようとしていたというところからいきなり始まっています。

なぜ日本がそうしたのか、なぜそうせざるをえなかったのかという部分は、すっぽり抜け落ちてしまっています。

日本が朝鮮・中国侵略をもくろむ悪の化身だというのは証明不要な絶対的公理でもあるかのようです。

 

問題の万宝山事件です。その発端は、このように描かれています。

2

「我が国の同胞たちが開墾して水路を作ろうとしたのですが」「中国人たちがそれを妨害しました」と書いてあります。

ここにあるのは、自分たちは何も悪くない、悪いのは向こうだという、責任転嫁型の善悪二元論の図式です。

 

ところで、中国人が妨害したとありますね。なぜなのでしょうか。妨害したというからには、それなりの理由があったはずです。

be679a436f3a5dc2cfd3_size26_w300_h344

調べてみました。

じつは当時、朝鮮人たちは水路の工事にあたって中国人地主の了解をとりつけていませんでした。しかも、朝鮮人が中国人地主と結んだ土地の賃貸契約自体、中国政府の許可を得ない違法なものだったようです。

そうした違法行為を強行しようとしたため争いが起こったようです。

また一説によると、朝鮮人は「俺たちは日本人だ、お前らチャンコロとは違うんだ」などと日本国籍であることを笠に着て暴言を吐いたともいわれています。

これでは、中国側が怒るのも無理はありませんね。

 

ここに日本人警察が登場します。

3

「心配するな! 我々が助けてやるから水路の工事を続けなさい!」と朝鮮人の肩を持つように描かれています。

でも、それは当然のことです。なにせ当時、朝鮮人は日本人だったのですから。外国領土で日本人の権益を守るのは、政府として当然のつとめです。

 

ところが、ここで事態は思わぬ方向に展開します。

「中国人たちが万宝山で朝鮮人を殺したぞ!」と日本が意図的にデマを広めたというのです。

4

前のコマには「日本は警察を送って」「中国人と争いを起こさせる魂胆でした」とも書いてありましたね。

日本はその衝突を利用して、一気に満洲を占領するつもりだったと筆者はいいたいのでしょう。けれど、万宝山事件の背景にそのような大がかりな計画があったことを証する資料はどこにもありません。

たしかにその2ヶ月後には、満州事変の発端となる柳条湖事件が発生していますが、それはまったく別の場所で起こったものです。しかも、それは現地参謀たちが何年も前から周到な準備を整えた末、計画的に引き起こしたものであり、偶発的に発生したこの万宝山事件とはなんのかかわりもありません。

 

一方、万宝山で何百人もの朝鮮人が中国人に殺されたというデマはニュースとなってただちに朝鮮国内に伝わりました。

スポンサードアド

朝鮮排華事件(日本人が使嗾したとあります)

朝鮮排華事件(日本人が使嗾したとあります)

怒り狂った朝鮮人たちは、同胞の仇とばかり朝鮮在住の中国人たちにいっせいに襲いかかりました。朝鮮排華事件です。ソウルを中心に100人以上の中国人が朝鮮人暴徒によって殺害されました。

ちなみに朝鮮在住の中国人に対する排斥運動はそれ以前からあったようです。当時、日本在住の華僑は日本人とはうまくやっていたのに、どうして朝鮮人とはそうできないのでしょう。不思議ですね。

 

5

ここで気になるのは、「怒った同胞たちは各地で中国人に暴力を振るい」「家を打ち壊しました」としか書いてないことです。

殺害したとはどこにも書いてありません。

 

そればかりではありません。それらはみな日本人が仕組んだものだったとされています。

6

その上で、朝鮮人はたんに騙されただけだったとして、加害者であったはずの朝鮮人はいつのまにか中国人と同じ被害者として描かれています。

そうして非難の矛先が日本に向けられるなか、朝鮮人たちの責任が問われることもないまま、事件はいつのまにかうやむやにされてしまいます。

 

そのくせ、関東大震災時に朝鮮人が日本人に殺害されたという事件については、しっかりと描かれています。さらに「日本人は数千人の朝鮮人を虐殺しました」と根拠のあやふやな数字があたかも確定したものであるかのように記述されています。

kanto

 

それにしても日本が意図的にデマを広めたというのは、本当でしょうか?

調べてみました。

「万宝山で朝鮮人が中国人に殺された」という虚報を最初に流したのは、朝鮮日報でした。記事を書いたのは、長春支局長の金利三という人物です。

ところが、この金利三はその直後、3人の朝鮮人に拉致されます。そうして虚報は日本人にそそのかされて書いたものだとする文面に無理矢理署名捺印させられた後、さらにまた謎の人物から射殺されてしまいます。

 

・・・・なんだか、ややこしいですね。

 

じつは当時の満洲は、朝鮮人の独立運動家をはじめ中国共産党の活動家、および国民党や張学良軍の地下組織が入り乱れており、それらの勢力がたがいにしのぎをけずっていました。

満洲の朝鮮人ゲリラ

満洲の朝鮮人ゲリラ

 

そうした事情もあり、真相はいまも闇の中です。虚報の裏に誰がいたのか、そこにどのような力が働いていたのかは現在でもはっきりしません。

 

ただ、虚報を流したのが朝鮮人記者であり、またその記者に無理矢理署名捺印させた謎のグループも朝鮮人だったことは間違いありません。

 

ということは、普通に考えれば、この虚報事件を引き起こしたのは朝鮮人であり、しかも一部の朝鮮人グループはそれを日本人のせいにしようとしたという結論になりそうです。

ところが、韓国人の思考パターンではどうもそうはならないようです。

どういう理屈でそうなるのかは不明ですが、裏に日本人の黒幕がいて、真犯人はその日本人だということになってしまっているようです。

 

もちろん朝鮮人は、日本人に騙されただけですから、記者を間違って射殺しようが、何百人もの中国人を怒りにまかせて殺傷しようが、何の罪にも問われないようです。

 

・・・・う〜ん、これは日本人にはなかなか理解できない独特の思考パターンですね。

 

おのれを尽くして人を咎めず
我が誠の足らざるを尋ぬべし

GY12-2

唐突ですが、西郷隆盛の言葉を思い出してしまいました。

 

韓国にはこういう格言はないのでしょうか?

 

マンガ ものがたり韓国史〈3〉植民地時代から現代まで

新品価格
¥1,620から
(2015/9/7 20:11時点)

続編はこちら→「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造

 

広告

 

スポンサードアド

 - 韓国 , , , , ,