真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

中国農民が日本軍と共同で中国軍を撃退した中国にとって不都合な歴史

   

imgres

中国政府は戦後一貫して旧日本軍を絶対的な悪とみなし、国民にもそう教育してきた。日本軍はいく先々で中国人を見境なく陵辱しては殺戮し、そして略奪のかぎりを尽くしてきたというわけだ。

ところが、そうした見方をまっこうから覆す事実が最近明らかになった。

それもなんと日本軍が地元の中国人農民と協力して中国軍を撃退したというのだから、当の中国政府にとってはさぞ頭の痛い話であろう。もっとも正確には、当時の中国軍と今の政府はまったく別物なので、それなりに言い逃れができると踏んだからこそ明らかになった話だとは思うが…。

さらに面白いのは、この史実をもとにした小説が中国国内でロングセラーとなっていることだ。

問題の小説というのは、劉 震雲著『温故一九四二』である。

スポンサードアド

小説のあらすじなどはこちらを参考にしていただき、ここではその背景となった黄河決壊事件とその後のエピソードをご紹介する。

 

黄河決壊事件とは?

以下、WIKIPEDIAの説明にしたがって、事実関係をみていこう。

まず発端は、1938年6月のことである。当時、徐州近辺によっていた中国軍は追撃する日本軍を足止めさせるため黄河の堤防を決壊させた。その結果、河南省、安徽省、江蘇省にまたがる約54000平方キロメートルが水没、水死者100万人、被害者600万人の他、農作物にも多大な損害がでたという。世にいう黄河決壊事件である。

中国軍ははじめ例によってこれを日本軍の仕業として世界に宣伝した。が、幸いにも海外メディアは慎重な態度をとり、ほどなくして事実は逆であったことが明らかとなった。

そのなかでも、スペインのディアリオ・バスコ紙は当時、「中国軍は黄河の堤防を破壊してノアの大洪水 に勝る大水害を起こそうとしている。中国の中部地域における70万平方キロメートルの地域が水没の危機に晒され、7千万の住民が大洪水の犠牲となろうとしている。しかし英、米、仏いずれからもこの世界に前例なき人類一大殺害に対し一言たりとも抗議する声を聴かない」と手厳しく中国政府を非難している。

当時から中国政府が自分たちの悪行をすべて日本軍のせいにする習癖のあったことがここからも確認できよう。その一方、この事件によって中国国内ではかえって日本軍の株があがることにもなったらしい。

というのも、この黄河氾濫の後遺症によって1942年から43年にかけて河南省で飢饉が発生したのだが、その際、日本人が多くの軍糧を放出して人々を救出したからだ。

当時の河南省は黄河の氾濫によって引き起こされた水害に加え、干ばつ、イナゴの大量発生などに悩まされていた。それに加え、地元の軍閥が課した重税により、300万人あまりが餓死していたという。そうした惨状を見かねた日本軍が各地の食料倉庫から調達した食料を放出し、飢えた人々に分け与えたのだ。

 

その後、日本軍は暴虐な河南省軍閥の掃蕩作戦に乗り出す。

以下、WIKIPEDIAの説明をそのまま引用する。

スポンサードアド

「1944年春、日本軍は河南省の掃討を決定した。そのための兵力は約6万人であった。この時、河南戦区の蒋鼎文 司令官は河南省の主席とともに農民から彼らの生産手段である耕牛さえ徴発して運送手段に充てることを強行しはじめた。これは農民に耐え難いことであった。農民は猟銃、青龍刀 、鉄の鍬で自らを武装すると兵士の武器を取りあげはじめ、最後には中隊ごと次々と軍隊の武装を解除させるまでに発展した」。

「推定では、河南の戦闘において数週間の内に、約5万人の中国兵士が自らの同胞に武装解除させられた。すべての農村において武装暴動が起きていた。日本軍に敗れた中国兵がいたるところで民衆によって襲撃、惨殺、あるいは掠奪され、武器は勿論、衣服までも剥ぎ取られた。3週間以内で日本軍はすべての目標を占領し、南方への鉄道も日本軍の手に落ちた。この結果30万の中国軍は全滅した」。

いかがであろうか。ここには、中国軍を倒すために多くの中国人が日本軍とともに戦った事実が明らかに記されている。当時、すべての中国人が日本軍を嫌っていたというのが、現在の常識となっているが、じつはそれがまったくの嘘であり、でっちあげであることはこの史実からもわかるはずだ。

そもそも中国において兵士というのは、それこそ蛇蝎のように忌み嫌われる存在である。かれらが戦闘の際、きわめて残虐だったことにくわえ、戦いの手みやげとして一般市民に対する暴行略奪をほしいままにするのが常だったからだ。

このあたりは現在の「城管」の横暴ぶりをみても容易に想像がつくだろう。

そんな中国人にとって規律正しい日本軍は敵国軍とはいえ腐敗した中国軍に比べればはるかにましな存在だっただろうし、場合によっては悪逆非道な政府から自分たちを自由にしてくれる「解放軍」として映ることもあったであろう。

河南省蜂起事件のような例は、探せばほかにもいくらでもみつかるはずだ。そしてこうした例からわかるのは、日本軍が常に悪逆非道で中国軍が常に正義だったという主張が中国政府によるプロパガンダにすぎず、まったくのでたらめであるということだ。

同様に日本絶対悪玉論を根拠に作り上げられた南京虐殺なる物語が、本来の事実とはかけ離れた作り話であり、悪意に満ちた政治プロパガンダでしかないこともここまでくればよほど鈍い人でないかぎり気づくはずだ。

ここでもう一度過去をさかのぼってみよう。

この黄河決壊事件での死亡者は100万人であった。第二次国共内戦中に戦われた長春攻防戦では、中国共産党軍の兵糧作戦により33万人の餓死者がでた。また建国後の大躍進政策では、2000万から5000万人の餓死者がでたし、あの文化大革命では数百万から1000万人以上の犠牲者がでたとされている。さらに時代をさかのぼって太平天国では…いやいやもうこのへんでやめておこう。とにかく、こうした大量殺戮は中国の歴史ではそれこそ枚挙にいとまがないし、けっして珍しいものではないのだ。

こんなことをいうのは少々不謹慎かもしれないが、その正否はともかく南京で30万人の虐殺があったなどといわれても、中国人自身による虐殺や天災(人災?)の想像を絶する規模の大きさに比べたら、いやいやまだまだあなたがたにはかないませんよ~、と返したくなってしまうのは私だけだろうか。

 

広告

 

ついでに黄河決壊事件の跡をストリートビューで見てみよう!

 

スポンサードアド

 - 中国 ,