真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

*

たとえ話から知る中国人と日本人の歴史観の違い

   

img_0

YOUTUBEに中国人によるものと思われるたとえ話がありました。中国人があの戦争をどう見ているのかを示すいい例だと思いましたのでここに翻訳してご紹介します。

 

日本は中国の弟である。やさしい兄は唐の時代、弟に漢字や仏教、建築などの生活全般にわたる文化を教えてやった。ところが、弟はある日突然、兄の家に押し入り、兄嫁と妹と娘を犯した。その上、兄の家族を殺害し、家屋敷を破壊した。そんなことをした弟が兄に謝罪するのは当然だろ?

 

(原文)
Japan is the little brother of China. Big brother China gave to little brother his culture, written language (Kanzi), religion (Zen, Buddism), architecture, life styles from (during Tang dynasty). Then little brother went to big brother’s house and rape his wife, sisters, daughters, murdered his family and destroyed his house. Is an apology asking too much ???

 

またこれに対する日本人と思われる人の反論がありましたので、こちらも訳してみました。

 

ある日、日本は隣の家で叫び声が上がったのを聞いて目を覚ました。見ると火の手も上がっている。隣の中国さんが、山賊に押し入られたのだ。日本は急いで身支度を整えると、すぐさま隣近所を回り、叫んだ。「みんな起きろ!山賊が来たぞ!このままでは家が焼かれてしまう。一緒に山賊と戦おう!」。しかしながら、まだ眠りこけている中国さんと朝鮮さんは、「うるせえな。俺は眠いんだ」と言い放つと、また寝入ってしまった。そこで日本はしかたなく自分一人で戦うことに決めた。そうこうしているうちに、中国さんの屋敷の東北の門(日本からみて西北の門)が破られ、そこから一番凶暴な賊が侵入してきた。そこは日本にとっても防衛の要だ。そこが破られたら万事休す。自分らがやられるのも時間の問題とみた日本は悲壮な決意の末、ロシアという名のその賊に戦いを挑んだ。1904年のことだった。

スポンサードアド

スポンサードアド

 

1927年を境に蒋介石は、英国、アメリカ、ナチスドイツ、そしてソ連と手を結んだ。彼らはかつて中国を襲った山賊たち(植民地主義者の親玉たち)だった。それはすべての有色人種にとって裏切りも同然の行為だった。第二次世界大戦中、中国は負け戦の連続だった。なのに中国は戦後、どういうわけか国連常任理事国という高い地位を獲得した。それらはそうした中国の裏切り行為に対して山賊どもがあたえた報酬だったのだ。それは、村のリーダー格だったにもかかわらず、襲ってきた山賊を撃退するどころか、その手下となって逆に家族や近隣住人をいじめた裏切り者にもたとえられる。中国はアジアとアフリカにとって最大の裏切り者だ。いま中国が躍起になって日本を非難しているのは、自らのそうした恥ずべき過去を隠すためなのだ。

 

(原文)
One day Japan was awoken to hear the sound of fire and scream from neighbors.Japan found China was being attacked by many robbers.Japan quickly started to prepare to defend herself and went to neighbors to call out “Wake up! Robbers have come.Your house is about to be burned.Let’s counter robbers together”.However China(also Korea) was still half asleep and say “Don’t bother me! I feel sleepy”.Finally Japan resolved herself to defend only by herself.Meanwhile the northwest gate was about to be broken by most ferocious robber.If that gate was broken completely Japan also would be robbed.Therefore Japan had no choice but to send troops to repel Russia 1904.

Since 1927 Chiang Kai-shek joined hands with British and USA(also with NAZI Germany and Soviet Russia) who were the big boss of colonialism.It meant Chiang Kai-shek became a betrayer for all colored people.That’s why China could get such higher seat as a permanent member of the United Nations after WW2.How much did he contribute for victory of the Allied Powers?
It was as if elder brother who had obligation to save his family and neighbors betrayed them.Not only that but he helped robbers to bully them willingly.
CHINA IS A BETRAYER FOR ALL ASIAN AND AFRICAN.THEREFORE SHE IS SO DESPERATE TO BLAME JAPAN.IT IS JUST FOR HIDING HER TRUE UGLY FACE.

 

 

スポンサードアド

 - 中国, 反日, 自虐史観, 連合国 , , , , , ,