真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

【大東亜戦争の真実】日中衝突をもくろむ中共の謀略だった大山中尉殺害事件

   

imgres

大山中尉惨殺事件は、船津和平工作阻止を目的に中国共産党が引き起こしたテロである。

1937年8月9日に予定されていた船津和平工作は、盧溝橋事件後の衝突を収束させるためその後も繰り返し日本側がもちかけた和平工作のひとつである。

日本側はこの交渉で満州事変以後、北支で獲得した権益のほとんどを放棄するつもりでいた。日本側はそこまで譲歩しても紛争の拡大を防ごうとしていたのである。この条件であれば、蒋介石も必ずや停戦に合意するはずであった。

スポンサードアド

ところが、会談予定当日の8月9日、大山勇夫中尉殺害事件が発生。会談は急遽中止となってしまった。

作家のユンチアンによると殺害を命じたのは、国民党の将軍で隠れ共産党員でもあった張自忠であったという。本当のところ、誰が日中戦争(支那事変)を望んでいたのかはここからも透けて見えてくる。

http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-340.html

スポンサードアド

 

スポンサードアド

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!

 - 中国 , , , , ,