真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

歴史問題の裏にある巨悪、そして海外への情報発信の難しさについて

   

歴史問題はじつはその裏にさまざまな問題がからむきわめて複雑な問題です。単純に中国、韓国の鼻を明かしてやればそれでいいというものではありません。

情報戦は心理戦です。敵の裏のさらに裏をかくことが当たり前に行われている世界です。単純な力と力のぶつかり合いである物理的な戦争とは次元が異なります。

ある行為をおこなう際、それが相手にどのような反応を生み出すのか、さらにその反応の結果、社会はどう動くのかまでを、私たちはしっかりと見極める必要があります。

その意味でWJF(ワンダフルジャパンフォーエバー)さんの以下の意見に同意します。

以下、WJFプロジェクトさんより転載させていただきました

スポンサードアド

「慰安婦神話の脱神話化」について語りたいこと(5)

 

海外への情報発信がもつジレンマ。

『慰安婦神話の脱神話化』というこの動画は、人類史上最高の慰安婦動画です。

人類はこれ以上のロジックとレトリックを備えた慰安婦動画を生み出しえません。

絶対に不可能です。

なぜならば、WJFプロジェクトが、三年の歳月をかけて注意深く完成させた動画だからです。

先日、半分ふざけて、上のような挑発的な言葉を書きましたが、さっそくYouTubeに大変話題になっている動画が公開されています。


「スコッツボローガールズ」という慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画を完成させた谷山雄二朗という方が、アメリカのワシントンの大学で行ったスピーチの動画です。

「慰安婦神話の脱神話化」の再生数が伸びないのと対照的に、上の動画は「保守」の人たちに絶賛され、大々的に拡散されています。

日本人の心を動かし、その関心を引きつけているという点では、「慰安婦神話の脱神話化」は白旗を上げざるをえません。

スポンサードアド

生身の人間が直接語りかける迫力は、WJFプロジェクトの動画が持ち得ないものですし、原稿も見ずに滔々と語り続ける谷山氏の力量は感嘆せざるを得ません。

谷山氏の慰安婦問題の説明は、基本的には従来の保守の人々の慰安婦理解を踏襲しています。

・慰安婦は売春婦なので、性奴隷ではない。
・韓国人の元慰安婦は嘘をついている。
・オランダ人の捕虜が慰安婦とされた白馬事件だけが、例外的な事例である。

述べている内容は、従来の保守の人々の理解と同じなのですが、異なるのは、谷山氏は、海外経験が豊富なだけあり、海外の人たちの知識や考え方に合わせた様々なレトリックを駆使して上の諸点を説明していることです。

たとえば、韓国人の元慰安婦の証言の変化を暴き立てる時も、保守の人々がやりがちなように「強欲な嘘つきばばあ」などと貶めて語るのではなく、「北朝鮮のモンスター団体である挺対協によって嘘をつかされているかわいそうなおばあさん」という言い方をしています。

・挺対協などの活動家と、韓国人元慰安婦を別々に切り離して扱う。
・韓国人元慰安婦はあくまでかわいそうな存在として扱い、非難の矛先は活動家に向ける。

という点は、WJFプロジェクトの慰安婦動画も、谷山氏と同じ方法を採用しています。

この方法は、海外にむけてアピールする場合、どうしても必要なものだと思います。

谷山氏が巧みな英語で、韓国人の嘘をばっさばっさと斬っていく様は、韓国人の嘘によって悩まされてきた日本人にとっては、胸のすく思いがすることでしょう。

多くの日本人が谷山氏に拍手喝采を送るのも当然のことです。

しかし、慰安婦問題のように価値観が絡む問題の場合、「日本人が見て喜ぶ動画」が、必ずしも、「外国人が見てわかる動画」であるとは限りません。

続きはこちらから→

スポンサードアド

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!

 - 反日, 自虐史観 , , ,