真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

「南京大虐殺の嘘」を知るサイト一覧 まとめ

   

スポンサードアド

a01

■南京大虐殺とは(総論)?

●WIKIPEDIA

→wikipediaによる解説。

 

●電脳日本の歴史研究会 南京大虐殺はウソだ!

→ここだけで十分すぎるほど情報が充実している。

 

●「南京大虐殺」はねつぞうだった

→詳細な説明とともに分かりやすくまとめられている。

 

●史実を世界に発信する会

→南京事件に関連する複数の記事が収められている。

 

●賢者の説得力ホーム>南京大虐殺

→「死者数の信憑性」「虚言」「多くの疑問点」「合法的な殺人」という4つの視点から嘘のからくりを説明している。

 

■南京大虐殺30万人説について

 

●南京陥落時の人口は?

 

●難民帰還で人口は急速に増加

 

●南京大虐殺の数の信憑性

 

●南京虐殺― 中国が主張する「30万人大虐殺」

 

■元日本兵の証言

 

●南京攻略戦の大隊指揮官真相を語る

→南京攻略に参加した元兵士(連隊中隊長)森王琢氏の講演記録

 

●反日ワクチン

→支那事変を戦った当時の兵士の手記などが掲載されている。

 

■プロパガンダの背景について

 

●国民(中華民国)政府宣伝組織

 

 

■元中国人兵士の告白

 

●「南京大虐殺は自分たちがやった」と告白した国民党少尉

→逃げようとする市民を虐殺したのは中国軍だったと元国民党少尉が告白した文章が掲載されている。

スポンサードアド

 

■肯定論のサイト

 

●南京事件-日中戦争 小さな資料集

→イデオロギーを排し、事実のみを追求するスタンスと銘打っているものの実際には南京大虐殺肯定論の立場で書かれているようだ。

 

●南京事件FAQ

 

■英文による情報発信サイト

 

●False Accusations of Nanking Massacre

→南京事件がプロパガンダであることを概説的に英語で説明している。

 

●史実を世界に発信する会(英文)

→南京事件に関連する記事が英文で収められている。

 

■資料等

●DOCUMENTS OF THE NANKING SAFETY ZONE

→南京国際安全区に関連した英文資料

●南京事件・関連史料

 →膨大な数の関連資料がリスト化されている。

 

●日本側資料

→偕行社の『南京戦史』や『大東亜戦争全史』(服部卓四郎著)、『新資料盧溝橋事件』(葛西純一編・訳)、進駐軍の日本でのレイプと外娼をテーマにした『黒い春』(五島 勉)などが読める。

 

●戦線後方記録映画「南京」 1938年東宝文化映画部作品

→占領直後の南京を映した記録映像。子供たちが無邪気に遊ぶ姿など、「大虐殺」が本当にあったなら到底ありえない平和な光景が記録されている。

 

■その他、参考サイト

 

●外務省の公式見解

 

●日本共産党「しんぶん赤旗」の記事ー『国際法投げ捨てた日本軍の蛮行』

 

●侵華日軍南京大虐殺遭難同胞記念館公式サイト(日本語版)

→中国の南京虐殺記念館の日本語版公式サイト

 

●四度あった南京大虐殺(リニューアル保存版) ねずさんのひとりごと

 

●「日露戦争」と「日米対立」と「日中戦争」の舞台裏

→日中戦争にいたるまでの背景が国際金融資本との関連という新たな視点から解説されている。

スポンサードアド

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!

 - 自虐史観 , ,