新・真相はかうだ!

真実はプロパガンダに対抗する最良のワクチンである

日中戦争の発端は盧溝橋事件ではない 第二次上海事変である

time 2017/09/21

広告

左翼は、日中戦争の発端は盧溝橋事件であると言うが、盧溝橋事件は現地停戦協定により解決済みの事件である。解決済みの事件を発端とするのは理屈に合わない。紛争の発端など言い出したらいくらでも過去にさかのぼることができるからだ。

一方、日本軍と国民党軍との間で「正式」かつ「大規模」な戦闘が始まったのは、蒋介石軍が上海の日本人租界に突如、奇襲攻撃をしかけてきた第二次上海事変からである。したがってここは素直に第二次上海事変が日中戦争の発端だったというべきであろう。

ところで、ここには見落としてならない重要なポイントがある。中国軍が奇襲攻撃をかけてきた上海の日本人租界が「日本領土」であったことだ。言うまでもないが、当時の租界は国際法上、外国領土とみなされていた。

自国領土に外国軍が攻撃をしかけてきたなら、反撃するのは当然だし、当然そうする権利もある。米国領土であるハワイを日本が奇襲攻撃した後、米国は当然反撃してきたし、その際、日本による攻撃を「日本による米国への侵略戦争」と呼んだ。ならば日本領土である日本租界への中国軍による奇襲攻撃ではじまった第二次上海事変におけるそれは「中国による日本への侵略戦争」と呼ばれてしかるべきであろう。

広告

戦後、左翼史家が日中戦争の発端は盧溝橋事件であると声高に主張し続けてきたのは、中国側による宣戦布告なき奇襲攻撃だったことが明らかな上海事変を発端にしてしまっては「侵略に抗して立ち上がった中国」という「神話」が成り立たなくなってしまうからだ。いやそれどころか、その場合日中戦争そのものが「中国による日本への侵略戦争」であったことが白日の下にさらされてしまうからである。

それをおそれた彼らが、発端を意図的に盧溝橋事件にまで無理矢理さかのぼらせ、同時にそこにおける謎の発砲事件をあえて謎のままにしておいたのである。そうすることで、あたかもそれが日本側の挑発であったかのように印象操作をおこない、戦後半世紀以上も世界中を騙し続けることができたのである。

われわれはこうした捏造歴史にこれ以上騙されてはならない。

【大東亜戦争の真実】日中戦争(支那事変)は、壊滅寸前の共産党がしかけたワナだった!!

広告

0
スポンサー

facebookページ

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってくださいね)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://propagandawar.info/feed/です。

新・真相はかうだ!ツイッターでもつぶやいてます

プロフィール

こうみえても昔はどっぷりと左翼史観にはまっていた元お花畑です。自戒も込め、将来を担う世代が再びだまされないよう非力ながら自虐史観の嘘を暴いていきたいと思います。 なおこのサイトはリンクフリーです。またできましたらシェアしていただけるとなお嬉しいです。 時々YOUTUBEの関連動画で特亜を相手に議論を繰り広げています。 このサイトは歴史ニンシキガー速報」の姉妹サイトです。

Links

カテゴリー



スポンサード広告

ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実

新品価格
¥1,620から
(2015/9/2 06:16時点)