南京事件

南京事件肯定派の断末魔から見えてくるその正体

南京事件をなんとしても戦争犯罪にしたがっている肯定派はいま最後の砦として法廷論争に持ち込んでいる。幕府山事件などの捕虜殺害が合法だったか、不法だったかという法律論のみを論拠に抵抗を続けているのだ。しかし法律論争にした時点で、それを日常一般的...
中国

洪秀全の子孫をかたり宣撫工作を行った日本軍

中国広州の花県という村にこんな話が伝わっている。 日中戦争がはじまってまもなくの1938年、日本軍が広州を占領した時のことだ。ある日、「洪秀全の子孫」だと称する矢崎某という日本人将校がやってきて村人の前でこう布告した。 「先に皇...
自虐史観

「日本はあの戦争を反省しろ」の真の意味は「日本人は死ね」である

ーー日本は朝鮮を侵略し、植民地にしたんだ、反省しろ! ーーハイ、反省しました。 ーーどひゃー、日本までロスケに占領されちまったぞー こんな反省にどんな意味があるのでしょうか? 反日ーー日本は侵略戦争を行った、反省しろ...
自虐史観

大日本帝国はその誕生時から侵略のDNAを持っていた?

吉田松陰の『幽囚録』の中にこのような一節があります。 宜しく蝦夷を開墾して、諸侯を封建し、間に乘じて加摸察加カムチャッカ隩都加オホーツクを奪ちとり、琉球を諭し朝覲會同し比して内諸侯とし、朝鮮を責め、質を納め貢を奉る、古いにしえの盛時の如く...
南京事件

左翼が困惑する不都合な質問ーー「史上類をみない組織的な大虐殺」から南京市はいつ復興したのか?

「史上類をみない組織的な大虐殺」から南京市はいつ復興したのか? それほどの大虐殺があったのなら、南京市はその後も長い間廃墟同然だったのではないでしょうか? 少なくとも生活インフラとしての都市機能はしばらくの間、まとも...
中国

メモー張作霖爆殺事件は恭親王を擁立した第三次満蒙独立運動だった?

取り急ぎメモ記事として上げておきます。 アジア歴史資料センターに保管されている『機密公第四三一号 昭和三年六月十三日』によると、張作霖爆殺は凌印清なる人物と関東軍が共謀した反張作霖のクーデターであった可能性もあるようだ。 しかも...
朝鮮

「ネトウヨの韓国併合に関する”歴史の真実”デマを潰す」動画への反論

戦前の日本をめぐる歴史認識論争に関しては、私は「すでに勝負あった。軍配は右派に上がった」と見ているのだが、どうやら左派は必ずしもそうではないらしい。自らの敗北を受け入れられないのか、あるいはたんに敗北を認識できていないのか、理由はよくわから...
共産主義

満州事変前夜に発覚した共産党による満州ソビエト化の陰謀

満州事変は日本による一方的な侵略などではない。忘れてならないのは、そこに至るまでには中国側からの執拗な挑発やソ連および中国共産党による赤化の脅威などさまざまな要因があったことだ。 なかでも当時の日本がもっとも警戒していたのは赤化への脅...
中国

大清帝国建国の陰に日本人志士ありーー秀吉の朝鮮出兵は第一次大東亜戦争であった!?

秀吉の朝鮮出兵は第一次大東亜戦争だった。 アジア主義者の秀吉はスペインを筆頭とする西洋列強からアジアを守ろうと朝鮮、明と連携しようとするものの志半ばにして急逝した。 その志を受け継いだ内田良左衛門と頭山満助ら青龍会のメンバーは倭...
大東亜戦争

もう一度言う。日本は侵略戦争などしていない!

日本は侵略戦争を行ったのか? そんなことはしていない! 東南アジアへの侵略? 仏印進駐は合法的なものだったし、フィリピン、マレーシアへの進攻は米英という宗主国に宣戦布告をした後のことである。 交...
タイトルとURLをコピーしました