十七世紀、清朝が中国を征服できたのは秀吉の朝鮮出兵軍と明朝軍が争った後に生じた軍事的空白をついたものであり、それはいわば清朝による漁夫の利というべきものであった。時代は下って二十世紀、毛沢東の共産党軍が中国を征服したのもまた中華民国と日本が争っていた隙をついたものであり、こちらもまた漁夫の利であった。明治以来、現在にいたるまでことあるごとに日本の前に立ちふさがりその行く手を阻んできた清朝と中華人民共和国。このなんともはた迷惑なふたつの政権が、いずれもはからずとはいえ日本がその建国を助けたという事実は、まさに歴史の皮肉といえるだろう。

スポンサー
スポンサー
詭弁と火病の民 論理的な議論ができない韓国人 あの戦争を引き起こしたのはアメリカです。アメリカ人として日本人に謝罪します。

捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→

0

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!