war_missile

問題は、いまの集団的自衛権容認がすでに遅すぎた決定であったかもしれないということだ。戦前に軍部が台頭したのは、幣原外交に象徴される行き過ぎたお花畑外交に対する反作用でもあった。わたしが戦後の日本を支配してきた一国平和主義外交に反対するのも同じ理由からである。
すなわち現実に即さないお花畑外交は、国際政治の厳しい現実に直面した時、いともたやすくくずれさってしまうし、その反作用として必ずや極端な軍国主義と好戦的風潮を生み出すことになるのだ。
日本が本当に平和を希求しているのであれば、本来はもっと以前から現実的な抑止政策をとるべきだったのだ。今回の集団的自衛権容認が、真に平和を守る永続的な抑止力となるのか、それともかつてそうであったように武器商人たちにいいように利用されてしまうのか、そのことは10年後に判明するだろう。

スポンサー
スポンサー
詭弁と火病の民 論理的な議論ができない韓国人 あの戦争を引き起こしたのはアメリカです。アメリカ人として日本人に謝罪します。

捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→

0

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!