『首都各界抗敵後援会』発行の市民への警告ポスター

南京虐殺は中国軍の蛮行のミラーイメージだ!

いわゆる南京虐殺なるものは真っ赤な嘘です。日本軍が南京市民に対して組織的な大虐殺を行ったなどという事実はありません。事実はむしろ逆です。当時、中国人に対して残虐行為を働いていたのは他ならぬ中国軍の方でした。

その当時、中国軍はいったい何をしていたのでしょうか? じつは彼らこそが大虐殺を働いていたのです。南京戦の前後、とくに上海から南京への敗走途中、沿道の住民に対して掠奪、殺人、強姦をほしいままにしていたのは日本軍ではなく中国軍だったのです。

いまの中国人が非難しているのは現実の日本軍ではありません。日本軍に投影された自国軍のミラーイメージです。要するに中国人は鏡に映った自分の姿に怒りをぶつけているだけなのです。

そのミラーイメージのもとになった中国軍のおぞましい行状を、左翼勢力によって長い間隠蔽されてきたその歴史の裏面を、これから五回にわたり暴き、白日の下にさらしていきます。

五回シリーズ「南京虐殺」の裏に隠された中国軍の蛮行

その1 漢奸狩り ←今ココ
その2 支那兵の正体
その3 督戦隊による残虐行為
その4 安全区内での中国兵による犯罪
その5 通州事件

第一回目の今回は、漢奸狩りを取り上げます。

「南京事件」の前後、中国軍が行っていた蛮行のまとめ その1 漢奸狩り

 

漢奸(かんかん)というのは外国への協力者、すなわち漢民族への裏切り者を蔑んでいう言葉です。いわゆる売国奴の意味ですが、語感としてはそれよりも幾分強いようです。

日中戦争がはじまるとまもなく、負け戦が続くのは内部に日本側に通じる裏切り者がいるせいだと考えた蒋介石国民党政府は、首都南京や上海で裏切り者の一斉摘発に乗り出しました。

そうしてささいな理由から裏切り者の嫌疑をかけられた人は、正式な裁判も受けられないまま一方的に断罪され、さらし首を含む残虐な方法で処刑されたのです。

この恐怖政治によって殺害された市民の数は、1937年の1年間だけで上海で4000名、南京で2000名に上ったといわれています。

 

●南京における漢奸狩り

検閲回避のため続きはこちらでご覧ください→

 

スポンサー
スポンサー
0

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!