Categories: 消された歴史満州自虐史観

侵略?バカを言うな!満州事変は満州解放戦争である!

 

自虐史観の嘘が次々と暴かれる昨今においてもなお満州事変を日本による侵略とみなす人は少なくない。では、本当のところはどうなのか? あれは日本による一方的な侵略だったのか? 断じてそんなことはない!

満州事変は辛亥革命のどさくさにまぎれ不法に満州を占拠し、圧政を敷いていた張作霖・張学良父子という馬賊上がりの武装グループを追い出し、本来の主である愛新覚羅氏の手に取り戻すための故地回復運動であった。しかもそれは清朝遺臣らによって幾度も繰り返されてきた満蒙独立運動の延長線上にあったものである。したがって満州事変はむしろ支那人の侵略から満州人を解放し、独立を与えた解放戦争というべきである。

そこにあったのは日露戦争と同じ構図である。

日露戦争ではロシアに侵略されていた満州を奪い返し清朝に返してやった。一方、満州事変では支那人テログループに侵略されていた満州を奪い返し満州人に返してやった。

どちらも強きをくじき弱きを助けたいかにも日本人らしい堂々たる所為である。

それがなぜ侵略戦争になるのか? なぜ日本だけが悪者に仕立て上げられなければならないのか?

もちろん日本が何の見返りもなくそうしたなどというつもりはない。これは国際政治というパワーゲームの一環である。国益と国益のぶつかり合いである。ここでは自らに都合のよい「正義」を掲げて日本だけを一方的に批判する人たちへの皮肉も込めてそう主張しているのだ。

そうしたことをふまえた上であえて問いただしたい。

満州事変だけがなぜ日本による侵略戦争として一方的に非難されなければならないのか? ロシアや支那人は満州を侵略しなかったのか? またその理屈なら同じ侵略戦争になるはずの日露戦争への非難がほとんど聞こえてこないのはいったいどういうわけなのか?

われわれの歴史はまだまだ歪められているといわざるをえない。

0
ブログ主

誤った歴史認識が流布されることによって、日本の子供たちの心が気づかないうちに蝕まれています。それは食の安全や原発問題と同等、いやそれ以上に重要かつ緊急を要する問題です。これはある意味、事実上の日本人抹殺工作といってもいいかもしれません。歴史認識を正すことは、日本人の心に強制的に植え付けられたこうした偽のトラウマを払拭するための試みであり、日本人としての心の健康を回復することだと信じています。

Comments are closed.

Recent Posts

  • 南京事件

南京事件肯定派の断末魔から見えてくるその正体

南京事件をなんとしても戦争犯罪にしたがっ…

2か月 ago
  • 中国
  • 大東亜戦争
  • 支那事変

洪秀全の子孫をかたり宣撫工作を行った日本軍

中国広州の花県という村にこんな話が伝わっ…

8か月 ago
  • 自虐史観

「日本はあの戦争を反省しろ」の真の意味は「日本人は死ね」である

ーー日本は朝鮮を侵略し、植民地にしたんだ…

9か月 ago
  • 自虐史観

大日本帝国はその誕生時から侵略のDNAを持っていた?

吉田松陰の『幽囚録』の中にこのような一節…

9か月 ago
  • 南京事件

左翼が困惑する不都合な質問ーー「史上類をみない組織的な大虐殺」から南京市はいつ復興したのか?

「史上類をみない組織的な大虐殺」から南京…

10か月 ago
  • 中国
  • 消された歴史
  • 満州

メモー張作霖爆殺事件は恭親王を擁立した第三次満蒙独立運動だった?

取り急ぎメモ記事として上げておきます。 …

11か月 ago