日本は侵略戦争を行ったのか?

そんなことはしていない!

東南アジアへの侵略? 仏印進駐は合法的なものだったし、フィリピン、マレーシアへの進攻は米英という宗主国に宣戦布告をした後のことである。

交戦国の領土に攻め込むのが無条件に「侵略戦争」になるなら沖縄戦はアメリカによる侵略戦争というべきだろう。

支那事変? あれも合法的な平和維持活動の一環であり、国際法を犯して攻撃してきた武装勢力に対する正当な掃討作戦でしかない。

満州事変? あれは満州人による満蒙独立運動を手助けしたものであり、あれこそシナ人の圧政から満州人を解き放ち、独立を与えた解放戦争であった。これは日露戦争と同じである。

日露戦争ではロシアに占領されていた満州を清朝に返してやった。満州事変では支那に占領されていた満州を満州人に返してやった。どちらも強きをくじき弱きを助けた堂々たる所為である。それがなぜ侵略戦争と非難されなければならないのか?

ちなみに米国は第二次世界大戦で東アジアを日本の侵略から解放したと主張しているが、それは日露戦争や満州事変の際、満州を解放した日本とどこがどう違うのか? 

戦後、満州に軍隊を駐留させていたから日本のそれは解放戦争ではなく侵略戦争だというのか? ならば、戦争が終わってからも日本、韓国、フィリピンに軍隊を駐留させた米国はどうなんだ? そのロジックでいえば米国のそれもまた侵略戦争だったというべきではないのか?

この記事は『何度でも言う。日本は侵略戦争などしていない!』の続編です。

スポンサー
スポンサー
0

「新・真相はかうだ!」ツイッターでもつぶやいてます!