Categories: 中国消された歴史満州

メモー張作霖爆殺事件は恭親王を擁立した第三次満蒙独立運動だった?

取り急ぎメモ記事として上げておきます。

アジア歴史資料センターに保管されている『機密公第四三一号 昭和三年六月十三日』によると、張作霖爆殺は凌印清なる人物と関東軍が共謀した反張作霖のクーデターであった可能性もあるようだ。

しかも彼らは恭親王を擁立する計画だったという!

そうなるとこの張作霖爆殺事件はある意味、第三次満蒙独立運動であったといえるのではないか?

もしそうであれば、あの時代に発生した満州をめぐる一連の事件は、日本とソ連による綱引きという観点から、次のようにかなりすっきりと整理することができる。

1911年 辛亥革命

1912〜16年 第一次および第二次満蒙独立運動→清朝遺臣と川島浪速ら日本人浪人による満州独立計画

1917年 ロシア革命

(満州をめぐる日ソの綱引きが激化)

1926年 郭松齢の乱→郭松齢とソ連による満州衛星国化計画

1928年 張作霖爆殺→凌印清と関東軍による第三次満蒙独立運動

1929年 中ソ紛争→ソ連による満州衛星国化計画

1931年 満州事変→関東軍による第四次満蒙独立運動

このように並べてみると今まで不可解だった張作霖爆殺事件の歴史的位置づけがそれなりに筋の通ったものに見えてくる気がするのだが‥。

0
ブログ主

誤った歴史認識が流布されることによって、日本の子供たちの心が気づかないうちに蝕まれています。それは食の安全や原発問題と同等、いやそれ以上に重要かつ緊急を要する問題です。これはある意味、事実上の日本人抹殺工作といってもいいかもしれません。歴史認識を正すことは、日本人の心に強制的に植え付けられたこうした偽のトラウマを払拭するための試みであり、日本人としての心の健康を回復することだと信じています。

Comments are closed.

Recent Posts

  • 南京事件

南京事件肯定派の断末魔から見えてくるその正体

南京事件をなんとしても戦争犯罪にしたがっ…

6か月 ago
  • 中国
  • 大東亜戦争
  • 支那事変

洪秀全の子孫をかたり宣撫工作を行った日本軍

中国広州の花県という村にこんな話が伝わっ…

1年 ago
  • 自虐史観

「日本はあの戦争を反省しろ」の真の意味は「日本人は死ね」である

ーー日本は朝鮮を侵略し、植民地にしたんだ…

1年 ago
  • 自虐史観

大日本帝国はその誕生時から侵略のDNAを持っていた?

吉田松陰の『幽囚録』の中にこのような一節…

1年 ago
  • 朝鮮
  • 韓国

「ネトウヨの韓国併合に関する”歴史の真実”デマを潰す」動画への反論

戦前の日本をめぐる歴史認識論争に関しては…

1年 ago