Categories: 南京事件

南京事件肯定派の断末魔から見えてくるその正体

南京事件をなんとしても戦争犯罪にしたがっている肯定派はいま最後の砦として法廷論争に持ち込んでいる。幕府山事件などの捕虜殺害が合法だったか、不法だったかという法律論のみを論拠に抵抗を続けているのだ。しかし法律論争にした時点で、それを日常一般的な意味での戦争というカテゴリー内で扱うことはできなくなるだろう。必然的に不法行為が頻発するのが戦争というものの本質だからだ。だからこそ戦争は間違いだと非難されているのではないのか?

彼らの偽善性が露わになっているのはまさにその点である。本来、非難するべきは戦争内の個別の事件ではなく、戦争そのものであるはずだ。実際、肯定派が日本を非難するのは、そこに「日本が戦争という間違ったことをした」という大前提があるからだ。しかるにそうした戦争自体の違法性を問うことなく、その一部における個別違法性のみを問うことは大枠としての戦争を肯定しているととられても仕方がないだろう。

戦争そのものは合法だが、侵略戦争は違法である、というのであれば、それが侵略戦争だったか否かをまず厳密に問うべきだろう。あるいは侵略戦争でなかったとしても戦争犯罪は戦争犯罪だというのであれば、南京事件を非難するのと同じ声の大きさで原爆投下や東京大空襲をも非難すべきであろう。なのに、原爆投下や東京大空襲については棚上げしておきながら、南京事件や慰安婦強制連行をはじめ物的証拠が皆無な、それも実際にあったかどうかさえ疑わしい事件ばかりしつように槍玉に上げるのは一体なにゆえなのか?

その点、戦争の悲惨さに焦点を当て、戦争反対を強調した一昔前の左翼はまだ誠実だった。彼らの目的は過去における戦争の悲惨さを強調することで将来の戦争を防ぐことにあったからだ。

しかし、今現在、法廷論争に逃げ込んでいる南京虐殺肯定派が目的としているのは、将来の戦争を防ぐことなどではない。たんに日本を貶めること、それも永遠にそうすること、さらに恨みを増幅させ、民族間の対立を煽ることーーがその目的である。その意味で彼らが「肯定」しているのは南京虐殺という不確かな事件の存在ではない。じつのところ彼らが本当に肯定したがっているのは将来、再びどこかで戦争や虐殺事件が発生することである。しかも彼らはそれを歓迎さえしているのだ。

その予兆ともいえるのが、近年、中国の一部でささやかれている「東京虐殺」という言葉である。

0
ブログ主

誤った歴史認識が流布されることによって、日本の子供たちの心が気づかないうちに蝕まれています。それは食の安全や原発問題と同等、いやそれ以上に重要かつ緊急を要する問題です。これはある意味、事実上の日本人抹殺工作といってもいいかもしれません。歴史認識を正すことは、日本人の心に強制的に植え付けられたこうした偽のトラウマを払拭するための試みであり、日本人としての心の健康を回復することだと信じています。

Comments are closed.

Recent Posts

  • 中国
  • 大東亜戦争
  • 支那事変

洪秀全の子孫をかたり宣撫工作を行った日本軍

中国広州の花県という村にこんな話が伝わっ…

8か月 ago
  • 自虐史観

「日本はあの戦争を反省しろ」の真の意味は「日本人は死ね」である

ーー日本は朝鮮を侵略し、植民地にしたんだ…

9か月 ago
  • 自虐史観

大日本帝国はその誕生時から侵略のDNAを持っていた?

吉田松陰の『幽囚録』の中にこのような一節…

9か月 ago
  • 南京事件

左翼が困惑する不都合な質問ーー「史上類をみない組織的な大虐殺」から南京市はいつ復興したのか?

「史上類をみない組織的な大虐殺」から南京…

10か月 ago
  • 中国
  • 消された歴史
  • 満州

メモー張作霖爆殺事件は恭親王を擁立した第三次満蒙独立運動だった?

取り急ぎメモ記事として上げておきます。 …

11か月 ago
  • 朝鮮
  • 韓国

「ネトウヨの韓国併合に関する”歴史の真実”デマを潰す」動画への反論

戦前の日本をめぐる歴史認識論争に関しては…

11か月 ago