歴史戦

大東亜戦争

もう一度言う。日本は侵略戦争などしていない!

日本は侵略戦争を行ったのか? そんなことはしていない! 東南アジアへの侵略? 仏印進駐は合法的なものだったし、フィリピン、マレーシアへの進攻は米英という宗主国に宣戦布告をした後のことである。 交...
おすすめ

歴史戦(情報戦)の戦い方に関する誤解を解く

歴史戦(ここでは情報戦)の戦い方に関しては、2ちゃんねるあたりで流れている俗説を無批判に受けいれている人が少なくないようだ。「黙っていたらつけあがるばかりだ! 少々汚い表現になってもかまわないから倍にして言い返すべきだ」という説である。...
中国

南京事件時の便衣兵の暗躍 その裏には誰がいたのか?

南京事件ーー便衣兵の裏にちらつく中国共産党の影 「南京事件」当時、便衣兵によるゲリラ戦があったのは確認されているが、その裏に誰がいたかは確認されていない。一般に中共は当時、延安の山中におり、南京事件とは没交渉だということにされている。 ...
南京事件

「沖縄大虐殺」という思考実験が導く「南京大虐殺」の虚構

沖縄(琉球)虐殺と南京虐殺 南京虐殺があったと信じている人に提案したい。一度このように考えてみてはどうだろうか? まず大前提としてあの戦争で日本が勝ち、アメリカが敗けたとする。その上での話だが、アメリカ軍による沖縄上陸作戦に対し日本側が...
おすすめ

第二次世界大戦における日本に関する政治的に正しくない真実 パート3 逐語訳

 The Politically Incorrect Truth About Japan in World War II Part III 第二次世界大戦における日本に関する政治的に正しくない真実 パート3 上記動画の(ほぼ)逐語訳...
中国

学術論争の裏に隠れた反日プロパガンダの構造

戦時中、満州で人体実験をおこなっていたという噂のある関東軍防疫給水部本部、通称七三一部隊。そこで働いていた軍医将校らの学位取り消しを求める声が一部の左翼系学者の間から上がっているという。どうやら学者たちは、七三一部隊が人体実験を行っていたと...
中国

メモーー「南京虐殺」の元ネタ?

「南京虐殺」を描写する中国人の元ネタとなったと思われる記述をメモしておく。1958年に発生したチベット動乱における「玉樹平叛」(玉樹平定)に参加した中国軍兵士の回想である。 チュウドゥ県を解放したあと、捕虜が多すぎて施設も収容しきれなくな...
中国

日本兵残虐説が生まれた背景にある中国兵の残虐さ

第二次世界大戦中の日本軍がいかに残虐であったかという言説が一人歩きしている。もちろん日本軍残虐説はただのプロパガンダだ。だが、一部にはそう思われても仕方のない行為があった可能性は否定できない。しかし、ではなぜそのような残虐な日本兵がいたのか...
歴史戦

執拗に繰り返される日本非難というプロパガンダの裏にある連合国の後ろめたさ

南京虐殺、慰安婦、七三一部隊ーー。なぜかくもこれらの問題が執拗に蒸し返され続けるのか? 簡単なことだ。これらがみなプロパガンダだからである。プロパガンダというのは嘘である。嘘というのはそれをやめた途端、真実が表に出始めるものだ。そうなること...
歴史戦

個人的例外的な軍紀違反をもって「日本軍の戦争犯罪ガー!」とする左翼の言いがかり

日本兵の個人的な犯罪や一部の軍律違反をもって「日本の戦争犯罪がー!」と叫ぶ輩が後を絶たない。しかしそれらは「戦争というものの現実」を示すものでしかなく、当然ながらそれによってただちに「日本軍だけの例外的な犯罪性」が立証されるわけではない。 ...
タイトルとURLをコピーしました