中国

中国

イギリス軍が引き起こしたもうひとつの「南京大虐殺」

阿片戦争中、最大の激戦となったのは1842年7月に発生した鎮江(南京の隣町)での戦いであった。 伝えられるところによれば、その際、いわゆる「南京大虐殺」そっくりの虐殺事件が発生したという。 記録によると当時発生したのは、満洲...
中国

朝貢貿易システムの復活をめざす中国の新シルクロード経済圏構想

「五族共和」という辛亥革命後に突如登場したスローガンと「中華民族」というレトリックは、中華民国革命政府による周辺諸民族への侵略をごまかすためのプロパガンダであった。 「AIIB」と「新シルクロード経済圏構想」もまた周辺諸国...
中国

AIIB(アジアインフラ投資銀行)は国際機関の名を借りた闇金である

中国共産党主導のAIIBに参加するなど正気の沙汰ではない。中国共産党がどういう素性の集団なのか、世界はあまりにも知らなさすぎる。 たとえとしてはスケールが小さすぎるが、いわばAIIBはやくざが運営する闇金のようなものだ...
おすすめ

中国農民が日本軍と共同で中国軍を撃退した中国にとって不都合な歴史

中国政府は戦後一貫して旧日本軍を絶対的な悪とみなし、国民にもそう教育してきた。日本軍はいく先々で中国人を見境なく陵辱しては殺戮し、そして略奪のかぎりを尽くしてきたというわけだ。 ところが、そうした見方をまっこうから覆す事実が最...
中国

「南京虐殺説」に隠された悪魔の洗脳プログラムとは?

平和の神を装った悪魔の教えに注意! 警告!南京虐殺説は憎しみを増幅させるカルトの教えである。 そもそも南京虐殺説というのは、いったい何が問題となっているのでしょうか? 犠牲者の数? 証拠のねつ造? 否定論者の戦争美...
おすすめ

歴史を知らない中国人にはこう教えてあげよう。中国に駐屯していた日本軍は国際平和維持軍だったんだよと。

この際、盧溝橋事件の現場を一度ストリートビューで見ておこう! 事実上日中間の全面戦争であった支那事変の発端は1937年7月、北京郊外の盧溝橋で発生した謎の発砲事件とされています。 この発砲事件については、誰が最初の一発を...
おすすめ

【満州問題と辛亥革命】革命の美名に隠れ領土拡張を図った革命詐欺師・孫文

   
中国

自虐史観の洗脳が解ける魔法の質問ー満洲を誰に守ってもらったのか?

満州事変、満州国が日本による不当な侵略であるという非難に対して 日露戦争は本来中国が戦うべき戦争だったのでは? 図は、『戯画 公園の各国児童』 朝日太郎(日本) 「おい露助、清吉の油断に付込んで饅頭(満州)を盗も...
中国

自虐史観の洗脳が解ける魔法の質問ー連合国は正義の味方?

あの戦争が軍国主義と民主主義の戦いだったと信じ込んでいる人に対して 連合国が正義の味方だったのなら、なぜソ連と中国がそこに含まれているの?
中国

自虐史観の洗脳が解ける魔法の質問ーアメリカさんはなぜそこにいたの?

インディアンを絶滅させ、ハワイとフィリピンを奪ったアメリカさんが、 中国をちょっとこらしめようとした日本はけしからんというわけですか?
タイトルとURLをコピーしました