中国共産党の真実

中国

都市伝説としての南京虐殺

世にいう南京虐殺だが、そこでどんなおぞましい行為がおこなわれたのか。何人かの外国人、元日本兵、そして日本人ジャーナリストの報告をもとにをみてみよう。 「女性はみんな丸裸にされ、乳房は切り取られ、暗い褐色の穴があいている...
中国

撫順戦犯収容所における洗脳テクニックの正体は?

終戦後、中国共産党に捕らえられた元日本兵が、旧満州にあった撫順収容所などで洗脳教育を受けたという話がある。それが本当に洗脳といえるのかどうかはわからないが、すくなくともそれに近い指導がおこなわれたことは元兵士らの証言からも間違いない...
中国

『暗黒大陸中国の真実』アメリカを反日に駆り立てたのは宣教師の偏見だった

20世紀初頭の中国の裏側をアメリカ人の目から赤裸々に描いた『暗黒大陸中国の真実』(ラルフ・タウンゼント:芙蓉書房出版/2004)という本の中に、興味深いくだりがある。国民党の迫害によって国外退去させられながらも中国人に肩入れすること...
中国

いまも続けられる見えない戦争ー情報戦に勝利するために日本人が知らねばならないこと

「戦後体制からの脱却とは戦後植えつけられた自虐史観、犯罪国家・日本という汚名を智戦で払拭すること」。激しく同意します。
中国

戦前から続く中国のしたたかな宣伝戦に対抗せよ!

南京虐殺は当初、世界の同情を中国側に引きつけるため中国国民党がねつ造した戦時プロパガンダであった。 だが、アメリカの支援を得るという目的は達したものの、それ以上の効果、すなわち南京虐殺説を世界に信じ込ませるということに...
中国

【日中戦争の真実】盧溝橋事件は共産党がしかけた!

日中戦争(支那事変)は誰が引き起こしたのか? (以下、youtube動画『日中戦争は誰が引き起こしたのか?』をもとにブログ用に再構成しました) 一般に日中戦争は、1937年7月7日、盧溝橋事件で日本軍が侵略戦争を発動したことにはじまると...
中国

【大東亜戦争の真実】日中衝突をもくろむ中共の謀略だった大山中尉殺害事件

大山中尉惨殺事件は、船津和平工作阻止を目的に中国共産党が引き起こしたテロである。 1937年8月9日に予定されていた船津和平工作は、盧溝橋事件後の衝突を収束させるためその後も繰り返し日本側がもちかけた和平工作のひとつである。 日...
中国

たとえ話から知る中国人と日本人の歴史観の違い

YOUTUBEに中国人によるものと思われるたとえ話がありました。中国人があの戦争をどう見ているのかを示すいい例だと思いましたのでここに翻訳してご紹介します。 日本は中国の弟である。やさしい兄は唐の時代、弟に漢字や仏教、...
中国

朝貢貿易システムの復活をめざす中国の新シルクロード経済圏構想

「五族共和」という辛亥革命後に突如登場したスローガンと「中華民族」というレトリックは、中華民国革命政府による周辺諸民族への侵略をごまかすためのプロパガンダであった。 「AIIB」と「新シルクロード経済圏構想」もまた周辺諸国...
中国

中国農民が日本軍と共同で中国軍を撃退した中国にとって不都合な歴史

中国政府は戦後一貫して旧日本軍を絶対的な悪とみなし、国民にもそう教育してきた。日本軍はいく先々で中国人を見境なく陵辱しては殺戮し、そして略奪のかぎりを尽くしてきたというわけだ。 ところが、そうした見方をまっこうから覆す事実が最...
タイトルとURLをコピーしました